企業が求める人材とは?~企業が社員に求めていることを知ることが、就活の第一歩~

企業が「正社員人材」に求めていること。

  1. 理念・ビジョンに共感している。
  2. 額面給与の3倍の価値を企業に提供できる。
  3. 既存事業を推し進めてくれる戦力になる。
  4. 既存事業を継続していく戦力になる。
  5. 新規事業を立ち上げ、新しい価値を生む戦力になる。

↓

つまり、求める人材とは、「企業に利益をもたらす人材」と言えます。

企業に利益をもたらす人材とは

企業が求める人物像は業種、規模を問わずそれほどの違いはありません。
というのは、企業に利益をもたらす人材には業種、規模に関わらず共通項があるからです。

自ら主体的に考え、行動できる

POINT01 自ら主体的に考え、行動できる

理念・ビジョンに基づく事業計画の担い手として、自分のミッションを遂行するために、積極的に行動できる。

周囲を巻き込みながら、目標を達成できる

POINT02 周囲を巻き込みながら、目標を達成できる

目標達成のために、必要に応じて周囲とコミュニケーションを取りながら連携して仕事を円滑に進められる。

人の気持ちを考慮した言動ができる

POINT03 人の気持ちを考慮した言動ができる

杓子定規に物事を考えるのではなく、状況に合わせて柔軟な対応、コミュニケーションができる。

↓

つまり、企業に利益をもたらす人材とは、
「コミュニケーション能力に優れた人材」と言えます。

就活の成功のカギは、「コミュニケーション能力強化」

「仕事は、社内の同僚、上司、先輩、後輩や、顧客、下請け先など、多くの人と接しながら仕事を進めていきます。 関わる全ての人が気の合う人であれば良いですが、時には苦手なタイプの人とのコミュニケーションも必要になってきます。だからこそ、仕事において、コミュニケーション能力は基本であると共に、要の力なのです。

コミュニケーション能力は、
「問題解決能力」と捉えることも出来る力と言えます。

「コミュニケーション能力」は、「報告」「連絡」「相談」を適切に行い、他人に自分の意志や希望をわかりやすく伝え、目的に向かって周囲の人を動かしていく能力と言え、「会社の利益」につながる非常に重要な能力です。
「コミュニケーション能力=人と話をするのが好き」と思われる節もありますが、決して、そういうことではないのです。

企業に利益をもたらす人材と認められるためには、何より重要なのは「コミュニケーション能力強化」と言い切っても過言ではありません。企業に採用を決めさせるためには、入社後円滑に仕事を遂行できると企業に確信させる「コミュニケーション能力」が不可欠なのです。

だからこそ、私たちnoa「仕事×学校」は、スキルや知識の習得に加え、就職支援として「面接対策の一環としてコミュニケーションの向上」も手掛けているのです。

「一緒に働く仲間として、働いているイメージ」が湧くように、端的にわかりやすく伝える。

理解しているけれどなかなか実践が難しい部分についても支援するのが、通常の資格スクールと異なる、noa「仕事×学校」の特徴・強みであり、設立の想いなのです。

↑top