IT就職コース ネットワークエンジニア専攻カリキュラム

ネットワーク業界への就・転職を考えているなら、重要なのは即戦力を目指すことです。まずはコンピュータの仕組みやネットワークの種類、データ通信の手順などの基本知識から、さらにサーバーを構築する技術まで、ネットワークエンジニアにとって必要なスキルを習得します。様々なネットワークトラブルなどにも対応できるように、実機に触れながら現場を想定した実習で経験を積んでいくことができます。

プロへの最短距離。スキル習得を超えた、仕事で活きるカリキュラム

ネットワークエンジニアのスキルをマスターするシステム設計やネットワーク管理などの専門的なスキルは、ニーズ多数。自分のウデで勝負できる業界です。

  • WEB速習
  • ITベーシック
  • TCP/IP
  • サーバー基礎
  • CCNA受験対策
  • CCNAケーススタディ
  • Linux基礎
  • LPIC受験対策
到達レベル

ネットワークに関するスキルや就・転職に有利なCCNAなども取得。Office系、Web系のソフトも広く扱い、IT業界全般に通じます。

ビジネススキルを学ぶ技術だけではエンジニアとして先が見えない。長くやっていきたいなら、キャリアプランとじっくり向き合いましょう。

  • Word入門
  • Word基礎
  • Excel入門
  • Excel基礎
  • PowerPoint入門
  • ビジネス文書作成スキル
    (標準試験)
  • IT速習
  • キャリアマネジメント
  • 就職対策(書類/面接)
  • キャリア実践(1)-(6)
  • リーダーシップ養成Ⅰ
  • リーダーシップ養成Ⅱ
  • 個別面談
  • Rastiテスト
  • Rasti-Learning
到達レベル

専門的な職種だからこそ、自分の進路を見極めていれば、ずっと業界で活躍し続ける自信につながります。

コミュニケーションスキルを身につけるエンジニアに単独プレーは禁物。チームで動く感覚を大切にすれば、業務を滞りなく進めることが可能に。

  • 対話力養成
  • プレゼンテーションスキル
到達レベル

プログラマーへの伝達など、業務上で欠かせないコミュニケーションが上達。スケジュール進行もスムーズに。

寄り道記事→

これが仕事×学校のすべて。
カリキュラムへのこだわり。

ポイントpickup ~IT業界で重要となるスキル~

ネットワーク設計、構築の技術

ネットワーク設計、構築の技術

ネットワーク上で提供されるシステムの設計、開発、運用などを行うため、設計・構築のスキルは必須。セキュリティ管理やパフォーマンスの安定性をチェックするなど、ひとつひとつ丁寧な作業が求められます。自分が設計、構築したネットワークで世界をつなぐこともでき、責任感ややりがいにあふれる仕事です。

トラブルに対応できる問題解決力

トラブルに対応できる問題解決力

ネットワークエンジニアは、社内のハードウェアやネットワークを取り仕切る問題解決のプロでなければいけません。答えが見えない問題に立ち向かう難しさもありますが、手段を考えながら実際に手を動かして解決の糸口を見つけていきます。快適な社内システムの裏側を支える、縁の下の力持ちといった存在です。

システムを成長させる情報収集力

システムを成長させる情報収集力

カタチのないネットワークを扱うからこそ、機能や操作性の良いシステムにしていくためには、情報収集し、その知識を応用する力が必要になります。世間で評判の良いシステムや新しいノウハウはもちろん、システムを利用するクライアントとのコミュニケーションからもヒントを得て、自分で考えながらシステムを創り上げていきます。

↑top