WEB就職コース WEBディレクター専攻カリキュラム

パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットなどホームページを見るツールや年齢層は年々増えており、社会におけるWeb業界の役割も広がりつつあります。
このコースではWebサイトを構成するデザインスキルの習得はもちろん、広告宣伝業務全般についての技術やノウハウも身につきます。また広告宣伝にWebツールを効果的に活かすプランを作り上げる手法も学ぶことができます。

プロへの最短距離。スキル習得を超えた、仕事で活きるカリキュラム

WebディレクターのスキルをマスターするWeb業界で一般的に使用されているアプリケーションスキルを一通り習得し、幅広い視点で知識を吸収できていれば、現場に出て困ることはありません。

  • HTML
  • CSS
  • Dreamweaver&Fireworks
    入門
  • Dreamweaver&Fireworks
    基礎
  • WEB速習
  • WEBサイト構築基礎
  • WEBデザイン概論
  • WEBサイト構築実践Ⅰ
  • WEBサイト構築実践Ⅱ
  • 企画・広報スキル
  • 宣伝力養成
  • カラーマーケティング論Ⅰ
  • カラーマーケティング論Ⅱ
  • Illustrator入門
  • Illustrator実践
  • Photoshop入門
  • Photoshop実践
  • WEBディレクション
  • DTPデザイン基礎
  • プロジェクト実践
  • イベント運営ノウハウ
到達レベル

Webディレクターとして、クライアントや制作スタッフに対応できるように幅広い知識を身につけられます。プランニング、デザイン、コンテンツ制作、プロ グラミング、HTML・CSSコーディングなど、Webサイトの完成に必要な制作工程すべてを把握できるようになります。

ビジネススキルを学ぶWeb業界で必要なビジネススキルとチームリーダーとして活躍するためのスキルを身につけます。

  • Word入門
  • Word基礎
  • Excel入門
  • Excel基礎
  • PowerPoint入門
  • ビジネス文書作成スキル
    (標準試験)
  • IT速習
  • キャリアマネジメント
  • 就職対策(書類/面接)
  • キャリア実践(1)-(6)
  • リーダーシップ養成Ⅰ
  • リーダーシップ養成Ⅱ
  • 個別面談
  • Rastiテスト
  • Rasti-Learning
到達レベル

Web制作プロジェクト内でチームリーダーとして活躍できる。
ITを活用して効率的に業務を遂行できる。

コミュニケーションスキルを身につけるクライアントの希望を形にし表現するためには高いコミュニケーション能力が必要です。

  • 対話力養成
  • プレゼンテーションスキル
到達レベル

周囲を巻き込みプロジェクトを推進することができる。
クライアントやチームメンバーの意図を読み取ることができる。

寄り道記事→

これが仕事×学校のすべて。
カリキュラムへのこだわり。

ポイントpickup ~WEB業界で重要となるスキル~

クライアントへのプレゼンテーション

クライアントへのプレゼンテーション

企画した案件を受注に結びつけるには、どのような成果を得られる内容なのか、制作意図や戦略をきちんと伝えることです。クライアントに伝わる、効果的な提案資料の作り方なども身につけておくと役立ちます。最終的に、クライアントとゴールを共有できるところまで進められるようになると、Webクリエイターとして一人前です。

ニーズに即したサイトプランニング

ニーズに即したサイトプランニング

クライアントと打合せを行い、伝えたいメッセージや求めるターゲットを確認。その中でも要望以外にどのような課題があるのかを見極めて、サイトの企画構成をしていきます。こうした企画力を培うことで、Web業界で活躍できるWebクリエイターを目指せます。

プロジェクトを率いるリーダーシップ

プロジェクトを率いるリーダーシップ

Webの技術・知識を極めたWebディレクターにステップアップすると、プロジェクトの責任を担うリーダー的存在となります。Webサイトを制作する目的・目標を明確にし、コンセプトを分かりやすくチームメンバーや制作パートナーに伝え、制作工程を指示。プロジェクトを成功へと導きながら、クライアントやスタッフと共にサイトを創り上げていくやりがいを実感できます。

↑top