未経験からプロになるには?~採用担当のホンネ~

私が彼を採用した理由へ

採用した人 管理統括部 人事部 西日本人事課長 西垣 浩子様

KCCSキャリアテック株式会社について

通信インフラ全般を扱っています

京セラグループで、主にネットワーク/通信系技術者の特定派遣業務を行っている会社です。
就業先は、グループ会社及び大手通信キャリアがメインとなりますので安定性のある大型案件が多く、業界最先端の環境でお仕事をしていただけます。
また、通信インフラ全般に幅広い業務を扱っておりますので、本人の適性やキャリアプランを踏まえ、ステージを変えてキャリアアップができる点も魅力です。

※このページの内容は取材時のものです

宅和さんを採用する決め手となったポイントを教えてください。

元気で明るいという点に加えて、謙虚に、かつ前向きに真剣に仕事に取り組んでくれそうだと感じたからですね。
それはやはり、スクールでキャリアデザインについてしっかり考え、何がやりたいのかということを明確に語ることができたからでしょう。
ビジネスマナーもしっかりしていました。

採用時に重視するスキルは?またそれはなぜでしょう?

ひとまずは年齢に関係なく、2~3年を1年生の気持ちで頑張らなければいけませんよね。そのときに重要なものは、「謙虚さ・前向さ・真剣さ」といった点です。
また、身だしなみやビジネスマナー、コミュニケーション力や自分を表現する力(プレゼンテーション力)など、社会人基礎力と呼ばれる能力も重視しています。

西垣 浩子様

私どもの会社は、社員のほとんどが各派遣先企業で就業しておりますので、派遣先の様々な関係者とコミュニケーションを取り、担当業務を円滑に進めなければなりませんし、受身ではなく、能動的に周囲のニーズを察知して動く能力が強く求められます。だからこそ、技術力以外にもヒューマンスキルと言われる部分は、特に重視するポイントになっています。

あと、もう1つ大切なものは、「柔軟性」。
何か問題が持ち上がったときに「だって学校ではこう習いました」ではなくて、柔軟に物事を考えられる人、意見を言える人はどんな職場においても重宝されると思います。そんな人材なら、前向きに採用したいと思いますね。

今後、宅和さんにどのようなことを期待しますか。

現在の職場で2年目に突入し、後輩ができはじめているので、彼らを束ねて、指導していって欲しいと思います。
ゆくゆくはリーダーとなって、派遣先企業から「他社から派遣されたメンバーよろしく」といってもらえるくらいのリーダーシップを期待しています。

今後、仕事×学校に求められるものは何でしょうか?

西垣 浩子様

仕事×学校の卒業生には、特にスクールのバックアップの強さを感じますね。担当の方から頻繁に「どうですか?」というフォローもありますし、宅和さんも卒業後もよくスクールに顔を出しているようで、サポートがしっかりとしているのだな、という印象を持っています。採用する側からしても安心して「今後もお願いしたいな」と思えますね。

技術的なことにプラスして、コミュニケーションやプレゼン、マナーなどビジネススキルにも特化したカリキュラムがある点も、大いに評価しています。まさにコミュニケーション力のある技術者は、弊社が求めている人材ですから。今後もそういった“社会人として活躍できる力(社会人基礎力)”の部分を、さらに強化していただければ嬉しいですね。

これから貴社に応募しようとする人へのメッセージをお願いします。

IT業界=なんとなくかっこいい、といったような、イメージがモチベーションになってる方が時々いらっしゃいます。また、自分自身のキャリアとして明確なイメージを持てていない方もいらっしゃいます。自分自身が何をどう実現したいのか、そしてその為にどんな努力をしなければならないか。そういった事をきちんと考え、実行する力が必要です。

また、弊社では特に「通信」と言う重要な「社会インフラ」に関わっていますので、昼夜を問わずに守る・支える事が重要です。

西垣 浩子様

非常にヤリガイのある仕事ではありますが、それは同時に日々コツコツと努力し、技術取得を重ね成長していく事が求められる厳しい業界です。そう言う業界に身を投じる覚悟は持って欲しいですね。また、ヒューマンスキルと言いましたが、業務を円滑に進める為には、技術力だけではなくヒューマンスキルに代表されるように、様々な能力が必要です。スクールでは、技術・知識取得だけではなく、ビジネスマンとしての能力を高める事にも取り組んで欲しいですね。

仕事×学校は、技術・知識だけではなく、コミュニケーション力やビジネスマナーといった社会人基礎力を培うカリキュラムが充実していますし、キャリアデザインにも力をいれていらっしゃいます。厳しい経済情勢の中を生き残れる優秀な人材として成長し、是非、我が社へアプローチしてください。

↑top