シュウカツPASSION!レポート2012 相手のために働く。それは悩んだ末にたどりついた、仕事に対する信念です。 鼻町知晃さん IT就職コースネットワークエンジニア専攻(旧ネットワークエンジニア総合科)

「働きながら学校に行こう!」自分で決めたスキルアップの方法。

新卒で5年間働いていた会社(A社)が倒産しました。
ベンチャー特有の勢いがあるITベンダーの会社で、それなりに活躍できる楽しい職場でした。
その反面、発展途上の会社であったため、色々足りない面を感じたのも事実です。
A社の倒産後、後の業務を引き継いだB社にそのまま入社しました。今までお世話になったお客様や、まだ一人前ではなかった後輩たちが気になっていたので、B社に入ったのは自然な流れだったと思います。
A社の倒産時、「これを機会に、スキルアップしよう」と決意しました。その時はB社に入ることが決まっていたので、働きながらスキルを身につけることに。
どうせならきちんとスクールで勉強しようと、仕事×学校に入校しました。

「同期のためにできることがある」さまざまな人と触れ合った1年間。

仕事×学校に入校した当時は、色々戸惑うことも多かったです。私より若い子が多く、「自分はここにいていいのだろうか」って正直悩んだこともあります。しかし、彼らと一緒に学んでいるうちに、段々自分のポジションがつかめてきました。
同期生たちの中には、私が働いていたようなITベンダーで働きたいと思っていた人も数名いました。その子たちの話を聞いていて、「自分はこの子たちにアドバイスできることがある」って思ったんです。
そこで、みんなの頼れるお兄さん的存在になろうと、積極的に皆の相談にのることにしました。自分から悩みを相談してくれる子たちもいましたね。他の人がどんなことを考えて、どんなことを抱えて生きているのかを知ることができ、いろんな意味で人と付き合う機会が増えた期間だったと思います。すごく勉強になりました。
元々は自分がスキルアップしたくて入った仕事×学校だったけれども、スキルアップだけでなく、「同期たちのために何かしたい!」とがんばることができました。
仕事×学校で出会った皆と、今度は仕事上で関わりを持てたりしたら素敵だなと思います。

「自分が持っている全てを出し切りたい」職場の倒産を通して決めた覚悟。

B社は、事業の方向性がいまいち見えなくて、色々悩みました。それが転職を決めたきっかけです。
そもそも、ITベンダーで働きだした初期のころから、スキルアップしたいという強い思いはありました。
初めの頃は厳しい競争に勝ち残るため、日々必死でスキルアップ。実際に業務を行なう上で、多くの技術を学んでいる毎日でした。
ところが、ある時からスキルアップに対して、モチベーションを保てなくなってしまいました。
技術を身につけても、以前ほどの喜びを感じられなくなっていたのです。
以前からの目標を見失ってしまい、それまでのアイデンティティが失われたような不安で一杯になりました。その時は本当に、悩みに悩み続けましたね。
しかし、そのおかげで結果として一つの結論にたどり着くことができました。
それは、自分が一番嬉しいのは、お客様から「ありがとう」と言われることだということ。
自分の仕事はITでお客様の要望をかなえる仕事です。しかし、IT技術のみに頼るのではなく、その時自分が持っている全てを出し切ってお客様に喜んでもらいたいと思ったのです。

「自分はここで働きたい!」短期集中の転職活動。

それまでに自分の仕事について色々考えたので、どのような会社に転職したいか、イメージがつきやすかったですね。
自分の目標を実現できる職場は、メーカーのIT部門か、大手システムインテグレーターではないかと考え、ターゲットを絞って効率よく動くことにしました。
今の会社は、事前に情報収集をした時、企業理念がしっかりしていて良い会社だなと感じました。入社後もその想いは変わっていません。
転職活動は、自分が興味を持った会社の人と、直接話ができる貴重な機会。楽しんで行うことができたと満足しています。

「もっと熱中したい」仕事を生きがいへ。

今の職場にたどり着くまで、色々ありました。しかし、最終的に自分の想いに一致した企業に就職することができました。
新卒時の就職活動では、正直なところ、良い会社を選ぶ基準を持たずに動いていた気がします。
しかしその後、実際に働き、経験を重ねてきたことで、自分が働きたい会社を選ぶ基準ができました。
そして、これまでの経験を通して、そこで求められる人材に近づけたのではないかと思います。
初めは専門技術を身につけたいと思っていたけれども、いつの間にかお客様の満足が一番大切になっている自分がいました。また、自分のスキルアップのために入校した仕事×学校だけれど、同期生のみんなのために何かしたいと思える自分がいました。 「相手のことを考えて、相手のために動く」という「私のやりたいこと」をはっきり意識できるようになれました。
そう考えると、私の転職活動は、20代に努力してきた結果を、評価してもらう場だったとも言えるかもしれません。
今後の目標は、マネジメントスキルの強化かな?あと、今の会社はグローバルな会社なので、英語力など、世界で通用させる力を身につけようとも思っています。
私にとって、仕事は「生きがい」であってほしいといつも考えています。もっともっと仕事に熱くなって、30代を走っていきたいと思います。

もっと、もっと、アツく!

↑top