うまくいかない就活。その理由とは?

理由を知った瞬間から、就活は劇的にうまくいく!

うまくいかない就活。その理由とは?~理由を知った瞬間から、就活は劇的にうまくいく!~

就活がうまくいかない最大の理由は3つ。

企業の人事担当者、企業の経営者が、採用を決めるポイントを知らない。

自己PRと志望動機が的外れになっていることに気がついていない。

面接がそもそも何をする場か分かっていない。

↓

つまり、なぜその企業で働きたいのかということが、明確に伝えられていないのです。

就活成功のポイント

POINT1
企業が採用を決めるポイントとは?

POINT1 企業が採用を決めるポイントとは?

採用を決めるポイントは、非常にシンプルです。
面接(履歴書、職務経歴書などの内容含む)を通して、下記2つが明確になれば、迷わず採用します。

応募者にとって、その企業に入社する必然性(理由)が納得できる。

企業にとって、その応募者を採用する必然性(理由)が納得できる。

平たく言えば、面接での応募者との会話を通して、企業側が志望動機を聞いて、「なるほど、そういう理由なら、他の会社でなくうちの会社に入らないといけないよね」と思い、自己PRを聞いて、「他にも何人か応募者がいるけれど、この応募者が入社してくれれば、戦力になってくれることが良く分かった」と思えれば、採用になるのです。

企業が採用を決めるのは、応募者のプレゼンテーションを聞いて、納得感を持てた場合のみなのです。

POINT2
自己PR・志望動機が簡潔でわかりやすい?

POINT2 自己PR・志望動機が簡潔でわかりやすい?

志望する企業に入社するためには、何よりも面接が大事です。
色々と質問をされるものの、面接で伝えるべきことは「自己PR」と「志望動機」の2つに集約されます。

志望動機とは、
応募者にとって、その企業に入社する必然性を伝えること。

自己PRとは、
企業にとって、その応募者を採用する必然性を伝えること。

Point 1でも触れましたが、応募者を採用するか否かを決めるために、応募者のプレゼンテーションを聞いて納得できるかどうかで採用するかどうかを企業が決めます。
そのために、面接ではあらゆることを質問しますが、聞きたい内容は上記の2つなのです。

ですから、志望動機を聞かせてくださいと言われて「以前から御社の仕事に興味があって・・・」や「御社で働けば自分を成長させられると思ったからです」などと言われても、「表面的で具体性がない理由」として受け取られてしまいます。
また、自己PRしてくださいと言われて「昔から向上心があって・・・」や「コミュニケーションスキルが高いと思います」など「自分が思っている長所」をただ並べられても、「企業が応募者に求めている条件についての説明にはなっていない」として受け取られてしまいます。

繰り返しましたが、企業が採用を決めるのは、応募者のプレゼンテーションを聞いて、納得感を持てた場合のみなのです。

POINT3
面接は何のために設けられた場か?

POINT3 面接は何のために設けられた場か?

面接というと、「企業側から一方的に質問されたことに回答するもの」という尋問のような場だと考えている方が非常に多いように思いますが、実はまったく違うものなのです。

面接とは、
「一緒に働くことについて意見交換し、お互いが仕事のパートナーとして間違いないかを確認するディスカッションの場」なのです。

平たく言えば、面接は採用に関する「打ち合わせ」ですし、「相互理解のための会話」なのです。
ですから、相手の意図を無視して一方的に自分の考えていることだけを説明したり、会話の相手である企業側が求めている事をまったく察することもせずに、自分が自覚している長所のみを伝えても、コミュニケーションが成立するはずがないのです。

重要なので繰り返しますが、企業が採用を決めるのは、応募者のプレゼンテーションを聞いて、納得感を持てた場合のみなのです。

↓

就活の成功のカギは、
「用意周到な面接対策」

就活の成功のカギは、「用意周到な面接対策」

「他人のことを知る」というのは非常に難しいことです。だからこそ、何人もの面接担当者で何度も面接を繰り返し、複数の質問を投げかけ、違う視点からあなたのことを知ろうとするのです。

企業が応募者を知る方法は、
企業が応募者を知り、理解する方法は「面接」でのコミュニケーションのみ。書類選考もまた「文字を通しての面接」と言えます。

企業が応募者を知り理解する方法が面接である以上、応募者と企業が相互理解を面接におけるコミュニケーションがすべてになります。
培ってきたスキルや経験、そして取得した資格も、企業に入社した際に、具体的にどのように役に立てることができるのかを、応募者が簡潔にわかりやすく説明できなければ、企業は採用を決めることはできないのです。

就活対策は、「面接対策」と言い切っても過言ではありません。
企業に採用を決めさせるためには、「用意周到な面接対策」が不可欠なのです。

だからこそ、私たちnoa「仕事×学校」は、スキルや知識の習得に加え、就職支援として「面接対策の一環としてコミュニケーションの向上」も手掛けているのです。

「なぜその企業で働きたいのか」ということを端的にわかりやすく伝える。

理解しているけれどなかなか実践が難しい部分についても支援するのが、通常の資格スクールと異なる、noa「仕事×学校」の特徴・強みであり、設立の想いなのです。

↑ ページの先頭へ